現役時代と変わらぬフォームで力強い投球を見せる桑田真澄さん=伊万里市の国見台野球場

ロッテ、中日、巨人で投手として活躍した前田幸長さん(右)、左は桑田真澄さん=伊万里市の国見台野球場

本塁打を放ちホームを踏む元ホークスの本間満さん=伊万里市の国見台野球場

 元プロ野球選手でつくる「ドリームチーム」が23日、伊万里市の国見台野球場で、同市軟式野球連盟の選抜チームと親善試合を行った。村田兆治さんや桑田真澄さんらが現役時代をほうふつさせるプレーを見せ、球場を沸かせた。

 宝くじの社会貢献事業として伊万里市では10年ぶりに開かれ、スタンドは大勢の観客で埋まった。試合は市選抜が初回に先制したものの、ドリームチームがホークスで活躍した本間満さんの本塁打などで逆転勝ちした。主審は元パ・リーグ審判部長で伊万里高OBの藤本典征さんが務めた。

 3回に巨人のエースだった桑田さんから中前打を放った松尾将志さん(45)は「マウンドの立ち姿がテレビで見ていたのと同じでオーラがすごかった。子どもが見ている前で打ててよかった」と喜びをかみしめていた。

 伊万里市と近隣市町の小中学生を対象にした野球教室も開かれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加