住み慣れた場所で最期まで安心の生活を
訪問看護師と理学療法士が連携

 人生100年時代、自分らしく生きるために住み慣れた場所で、最期まで安心して生活ができるように、本人と家族に寄り添い心身両面からサポートするのが訪問看護や訪問リハビリテーション(リハビリ)です。24時間体制で安心のサポート体制を整える小城市のひらまつ病院訪問看護ステーションの管理者で、訪問看護認定看護師の堀口奈緒子さんと理学療法士の千綿暢子さんに訪問看護や訪問リハビリの効果などを聞きました。

在宅医療の知識持つ専門の看護師が対応

 訪問看護は、療養が必要な人が住み慣れた場所や自分らしくいられる場所で、最期まで安心して生活ができるように提供するサービスです。地域の病院や診療所の医師、かかりつけ医師からの指示を受けて、在宅医療の知識を持つ専門の訪問看護師が居宅や、入所されている施設を訪問して看護します。
 対象は子どもから高齢者まで年齢に関係なく、障がいがある人、難病、がんの終末期など、医師が「訪問看護が必要」と認めた人すべてが、サービスを受けることができます。
利用する保険は、介護保険が優先になりますが、介護申請をしていない人、退院直後、難病、がんの終末期、小児、急性期の疾病、重度の床ずれなどは医療保険が適用されます。介護保険では、要介護度のケアプランによって訪問回数や時間が異なります。医療保険では毎日、1日に何度も訪問することができ、患者さんの状態によって柔軟に対応しています。

「医師とのつなぎ役」も重要な役割

 

 具体的なサービス内容は、病状の観察、在宅療養のお世話、点滴、気管切開や床ずれの処置、経鼻チューブ、化学療法中の管理、ターミナルケアなどの医療処置や医療機器の管理、介護予防などです。
 訪問看護の役割は大きく分けて三つあり、一つは住み慣れた場所で長く生活するために、入院を回避できるよう「早く異常に気付いて対処する」こと。二つ目は「熱が少しあるけれど、このくらいで病院に連絡していいのか」など本人や家族が判断に迷った時、普段から接している訪問看護師が症状を聞き取り、医師などへの「つなぎ役」を果たします。すぐに相談することで、早めの対処にもつながっていきます。三つ目は「家族の介護負担の軽減」。家族ががんばり過ぎて疲れていては、元も子もありません。住み慣れた場所でその人らしい生活を送ってもらうためには、訪問看護やその他のサービスで家族の介護負担を減らすことも大事です。

日常生活の自立助けるケア 訪問リハビリ
 介護を必要とする人が在宅や施設で、身体機能を向上・維持し、日常生活での自立を助けるために行うケアや訓練が訪問リハビリです。理学療法士がそれぞれの疾患に合わせてケアを行います。自宅や施設などで安全に暮らせるよう環境の調整を行うことも重視し、家族に負担が少ない介助方法なども紹介します。
 対象となるのは、難病や小児疾患、がん終末期の方、脳血管障害や骨折などが原因の運動器疾患、肺炎・慢性閉塞性疾患の方などです。医療保険や介護保険の適用で、リハビリを提供します。訪問リハビリには、退院直後の在宅生活に不慣れな状態の方でも利用でき、その方の能力を最大限に引き出し、その人らしく安全に生活できるよう対応しています。

必要に応じたサービス提供につなげる
 訪問看護、リハビリを通じて大切にしていることは、「利用者・家族の笑顔が絶えない」ようにすることです。住み慣れた場所でケアされる人・する人が、その人らしく過ごせるかどうかが鍵で、「困ったことがあれば当院の訪問看護ステーションをはじめ、市町、地域包括支援センター(おたっしゃ本舗)などにぜひ相談してほしい」と掘口さん、千綿さん。関係機関との連携で、必要に応じたサービス提供につなげていきます。

 

 MEMO  ひらまつクリニック地域包括ケア推進室

ひらまつクリニックでは「地域包括ケア推進室」を設置し、自宅で安心して生活できるように支援しています。通院が徐々に困難になってきたなど、困りごとがあれば相談してください。
問い合わせ・予約
 ひらまつクリニック地域包括ケア推進室 電話0952(72)8650
 ひらまつ病院 訪問看護ステーション  電話0952(72)8652

ひらまつ病院 訪問看護ステーション

 

堀口奈緒子(左)

 管理者・訪問看護認定看護師

千綿暢子

 理学療法士

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加