各国のエネルギー担当相が集まり東京都内で開かれた「水素閣僚会議」=25日午前

 各国のエネルギー担当相が集まり、水素の活用について議論する「水素閣僚会議」が25日、東京都内で開かれた。今後10年間で水素を利用して走る燃料電池車(FCV)などの車両を世界で1千万台普及させる目標を掲げた。燃料を補給する水素ステーション1万カ所を整備することも盛り込んだ。各国が連携して取り組みを加速させる。

 経済産業省によると、現状ではFCVは数万台、水素ステーションは数百カ所にとどまっている。目標に拘束力はないが、コストダウンや技術開発に向けて民間企業や金融機関に投資を促す。

 会議は昨年に続き2回目の開催で、約10カ国の閣僚が出席した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加