プロのサックス奏者を招いて農業倉庫で開かれたチャリティーライブ=伊万里市木須町

 記録的豪雨の被災地を支援しようと、伊万里市の農家らが21日、チャリテーライブを開いた。農業倉庫に即席のステージをつくり、プロのテナーサックス奏者、今津雅仁さんの演奏を楽しんだ。

 今津さんは現在、ツアーで九州を回っている。阪神大震災で母親を亡くした経験から被災地の支援活動に熱心で、白石町に住むサックス仲間の香月卓也さん(58)に「佐賀のために何かできないか」と相談。本業は農業の香月さんが伊万里市で農家民泊を営む善斉浩司さん(48)に話を持ち掛け、ライブが実現した。

 ライブには地域の人や農家の仲間ら150人が集まり、今津さんの奏でる深い音色に浸った。善斉さんは「1週間前に急きょ企画してこんなに集まってくれ、感謝、感動しています」と話した。この日は11万908円の寄付があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加