大相撲秋場所千秋楽で左胸付近を負傷した関脇貴景勝が23日、東京都内の病院で「左大胸筋断裂」と診断された。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が明らかにした。加療期間は6週間という。

このエントリーをはてなブックマークに追加