第一章 気宇壮大(四十七) 鍋島直正はこの時、脂の乗った四十四歳。その慧眼は内外から高く評価され、外様諸藩の藩主の中でも、すでに重鎮の域に達していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加