反対運動の経験などを伝える森上雅昭さん(右)=佐賀市川副町の南川副公民館

 佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイの配備計画に反対する「住民の会」(古賀初次会長)の勉強会が22日、佐賀市川副町で開かれ、山口県で「イージス・アショア配備計画撤回を求める住民の会」で代表を務める森上雅昭さんが活動内容などを紹介しながら情報交換した。

 秋田、山口県への地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を受けて立ち上げた住民の会の活動について森上さんは、防衛省への申し入れを密に行っていることに触れ、「山口だけではなく、秋田や佐賀と連帯を作ってつながりを持って行くことで(国に)勝つことができる」と強調した。

 参加者が「若い人を巻き込むのに苦労している」と明かすと、森上さんは「懸命な活動は伝わり、つながっている。諦めないことが必要」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加