団体種目別決勝 初の金メダルを獲得した日本のボールの演技=バクー(共同)

 【バクー共同】新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権最終日は22日、バクーで非五輪種目の団体種目別決勝が行われ、日本(松原、杉本、竹中、鈴木、横田、熨斗谷)が予選3位で通過したボールで29・550点をマークし、団体初の金メダルに輝いた。

 予選1位のフープ・クラブでは29・400点で銀メダル。ロシアが29・450点で制した。

 日本は21日に五輪種目の団体総合で1975年大会以来44年ぶりに銀メダルを獲得した。

 個人は75年大会種目別フープで平口美鶴が世界一になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加