東京六大学野球リーグ第2週第2日は22日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、法大が5―3で立大を振り切り、2カード連続の2連勝で勝ち点を2とした。慶大は東大に10―0と大勝し、2連勝で勝ち点1。

 法大は同点の四回に高田孝の3点二塁打で勝ち越し、6投手でつないで逃げ切った。慶大は四回までに正木の2点適時打などで4点を挙げ、五回に打者11人で6点を奪った。

このエントリーをはてなブックマークに追加