バリトン歌手の松尾喜一さん(提供写真)

スペイン屈指のソプラノ歌手、カルメン・アパリシオさん(提供写真)

 佐賀市の三瀬ルベール牧場どんぐり村にある森のコンサートホールで10月12~14日、三瀬高原音楽祭2019が開かれる。バリトン歌手の松尾喜一さん(佐賀市)がスペインの歌手と「椿姫」を披露するほか、ピアノ界の貴公子・金子三勇士さんらも出演する。

 松尾さんが登場するのは、14日のオペラコンサート「イタリアオペラ名場面集」。スペインを代表する実力派オペラ歌手のカルメン・アパリシオさん(ソプラノ)とホセ・アントニオ・モレノさん(テノール)を招き、華やかな舞台が展開される。プッチーニの「トスカ」やヴェルディの「アイーダ」などオペラの名曲を聞かせる。松尾さんはカルメンさんとヴェルディの「椿姫」第二幕からアリアや二重奏で美声を響かせる。

 芸術性と技術、ダイナミックな演奏で知られる金子さんは、12日に演奏する。ショパンの「英雄ポロネーズ」やリストの「ラ・カンパネラ」などの難曲で、観客を圧倒する。13日は、九州出身・在住の若手演奏家らがフレッシュな音色を奏でる。3日間とも午後2時に開演する。

 前売りチケットは12日と14日が各3500円、13日が2500円。いずれも当日500円増しで、学生1500円。

このエントリーをはてなブックマークに追加