鹿島市の新籠海岸近くの田んぼに3日、ナベヅル34羽が飛来した。激しい雨に見舞われて、鹿児島・出水平野からの「北帰行」の途中、羽休めに立ち寄ったとみられる。 地域住民が見つけ、知らせを聞いた同市内の写真家の中尾勘悟さん(81)、日本野鳥の会県支部の中村さやかさん(36)らがカメラに収めた。