台風17号の予想進路(21日23時現在)

 大型で強い台風17号は沖縄から東シナ海を北上し、22日には九州に接近して対馬海峡付近から日本海へ進む見込み。

 佐賀地方気象台によると、台風17号が予報円の中心付近を進んだ場合、佐賀県は22日未明には風速15メートル以上の強風域に入る見通し。同日夕方には風速25メートル以上の暴風域に入り、夜のはじめごろに最も接近する見込みとなっている。

 台風の接近に伴って暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定になり、非常に激しい雨が降って落雷、竜巻などの激しい突風の恐れもある。雨の予想は多い所で1時間に50ミリ、24時間で200ミリとなっている。

 台風の影響で、22日は佐賀空港を発着する全日空の羽田便の計6便、春秋航空日本の成田便の計4便が欠航。松浦鉄道も全線運休を決めた。

 豪雨災害で設置されている武雄市と杵島郡大町町のボランティアセンターは22日のボランティアの受け付けを中止する。

<関連情報>台風17号情報

このエントリーをはてなブックマークに追加