第95回天皇杯・第86回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会(日本バスケットボール協会主催、共同通信社・佐賀新聞社など共催)は21日、徳島県の鳴門県民体育館アミノバリューホールで西日本エリアの1次ラウンドが始まった。初日は佐賀県勢男子が出場し、B3の佐賀バルーナーズは1回戦で東レ愛媛を119-90で破り、SpottyCrowsはUNITE(高知)に82-86で敗れた。

 佐賀バルーナーズは第1クオーターを24-26とリードされて滑り出したものの、第2クオーターに35点を奪って一気に逆転。その後もリードを広げ、29点差を付けて快勝した。SpottyCrowsは第3クオーター終了時まで7点をリードしていたが、最終第4クオーターに逆転を許し、そのまま振り切られた。

 1次ラウンド第2日は22日に同会場で2回戦が行われ、佐賀バルーナーズはUNITEと、女子のひらまつ病院はクリスタルBBC(島根)と対戦する。

 【男子】

 ▽1回戦

UNIT 8623-2082 Spot

E     19-22  tyCr

(高知)  20-27  ows

      24-13

佐賀バル 11924-2690 東レ愛媛

ーナーズ  35-18

      31-22

      29-24

このエントリーをはてなブックマークに追加