トヨタ自動車東日本を下してリーグ4位に浮上し、喜ぶトヨタ紡織九州の選手=神埼中央公園体育館

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はリーグ戦第7週第1日の21日、神埼市の神埼中央公園体育館でトヨタ自動車東日本(宮城県)を32-27で破り、2連勝を飾った。通算成績は5勝2分け2敗(勝ち点12)で、順位を二つ上げて4位に浮上した。

 

 トヨタ紡織九州は前半を16-16で折り返すと、後半は日本代表のGK岩下祐太の好守から速攻につなげて得点を奪い、完勝した。リーグは3回戦総当たり制で1巡目の対戦が終了。トヨタ紡織九州はプレーオフ進出圏(上位4チーム)につけ、23日にアウェーで8位・北陸電力(福井県)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加