貴景勝(左)が押し出しで竜電を破る=両国国技館

 大相撲秋場所14日目(21日・両国国技館)関脇陣がともに3敗を守った。貴景勝は平幕竜電を力強く押し出し、御嶽海は立ち合いの変化で大関豪栄道を突き落とした。小結遠藤を寄り切って11勝目を挙げた平幕隠岐の海を含め、首位は3人となった。豪栄道は5敗目。

 かど番の大関栃ノ心は妙義龍に寄り切られて負け越し、2度目の関脇転落が決まった。

 3敗の3人を、4敗で平幕朝乃山と新入幕の剣翔が追う。十両は勢が12勝目を挙げ、2度目の優勝を決めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加