■嬉野市(1-2) 16年ぶり選挙、湯のまち二分 県議会議長や自民党県連幹事長も務めたベテランの現職石井秀夫(67)=5期=に、党嬉野町支部長の新人神近勝彦(55)が挑む。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加