特別展を前に報道関係者に公開された、伊勢湾台風を記録したカラー写真=20日午後、名古屋市博物館

 名古屋市博物館は20日、5千人を超える死者・行方不明者を出した伊勢湾台風の上陸から26日で60年となるのを前に、新たに被災者から寄贈されたカラー写真など計約300点を報道陣に公開した。21日から一般向けに特別展を開く。11月4日まで。

 高潮によって貯木場から流れ出した材木が住宅を押しつぶす様子を記録した、当時としては貴重なカラー写真を含む写真約70点のほか、被災後の生活をつづった個人のアルバム、多数の児童が犠牲になった市立白水小(南区)の直筆文集なども公開。

 江戸時代から昭和初期までに東海地方を繰り返し襲った洪水や台風などの文書や絵画も展示する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加