今月11日、JAXA種子島宇宙センターの発射台で発生した火災は、設置していたH2Bロケットのエンジン冷却に使う液体酸素の濃度が高まったことが原因だったことが関係者への取材で20日分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加