アウディジャパンは19日、A1、A3、TTなど計11車種3万5211台(2008年8月~15年2月輸入)をリコールすると国土交通省に届け出た。自動変速機の油圧制御システムで、部品の加工に問題があり、走行できなくなる恐れがある。これまでに事故はないが、走行不能が106件発生している。

 フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンが8月に同様の内容でリコールを届けており、同種の部品を使っているアウディ車もリコールになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加