戦後18回目を迎えた佐賀県議選は、人口に応じて定員や区割りの見直しが繰り返され、議員定数は昭和30年代の45をピークに38まで減っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加