江里口秀次小城市長(左)に質問状を手渡し、内容を説明する市民有志の代表者=市役所

 多久市立病院(多久市多久町)と小城市民病院(小城市小城町)を統合し、新しい病院を多久市東多久町別府に建てる両市の合意に関し、小城市の市民有志(藤田直子代表)が18日、江里口秀次市長に質問状を提出した。建設地を選定した経緯や理由が市民に周知されていないとして、住民説明会を早急に開くことなどを求めた。

 市民有志は新しい統合病院の建設地について、多久市のハザードマップで深さ3~5メートルの浸水想定区域に指定されていると指摘し、選定段階で行った調査や検証の内容を尋ねた。新病院の収支予測の明示や、今後の協議に両市民の代表をオブザーバーで加えることも求めた。

 質問状を受け取った江里口市長は「多久市と協議した上で、できる限り早く回答したい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加