記者会見するラグビー・南アフリカ代表のエラスムス監督=18日、千葉県浦安市

 ラグビーのワールドカップ(W杯)に臨む南アフリカ代表は18日、3連覇を狙うニュージーランドと当たる1次リーグB組の初戦(21日・日産ス)の登録メンバー23人を発表し、フッカーのマークスやフランカーのコリシ主将らが先発に名を連ねた。41―7で快勝した6日の日本戦と同じ先発メンバーとなった。

 千葉県浦安市で記者会見したエラスムス監督は「オールブラックスとの対戦は大一番となる。プライドを懸けて戦う」と意気込んだ。世界的フッカーとして知られるマークスは「(南アの)大きさが有利になるというわけではない。(ニュージーランドの)速い動きに警戒したい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加