宅配ロッカーの設置について発表するアマゾンジャパンの関係者ら=18日午前、東京都品川区

 アマゾンジャパン(東京)は18日、コンビニ大手ファミリーマートの店舗や小田急電鉄の駅などに専用の宅配ロッカーを設置すると発表した。各社と協力し、年内にも始める。インターネット通信販売の拡大に伴い不在時の再配達が物流費用の押し上げ要因になっており、受け取りの拠点を整えて負担軽減を狙う。

 9月から設置を開始。年内に東京都、神奈川県に約200カ所設ける。提携先を拡大し、来年以降は全国で展開する。

 消費者は注文時にロッカーを配達先に指定して、バーコードを取得。受取時にロッカーに読み込ませて解錠する仕組みだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加