糸山智栄さん

 水害の翌日、夫の実家がある佐賀市諸富町に向かった。全国のニュースで繰り返し流れる映像からは、佐賀全体が被災したかのような印象を受けたが、嬉野温泉に泊まることができた。

 私が住む岡山県は昨夏、豪雨被害を受けた。佐賀県の学童保育関係者の協力も得て約半年間、子どもの居場所支援を続けてきた。

 被災した方々は、慣れていないと思うが「水が必要」「観光に来て」と恥ずかしがらずに、具体的に声を発してほしい。その声に応える人たちは必ずいるので。(岡山県学童保育連絡協議会会長、岡山市)

このエントリーをはてなブックマークに追加