中部空港に開業する、LCC向け「第2ターミナル」ビルの内部=17日午前、愛知県常滑市

 中部国際空港会社(愛知県常滑市)は17日、20日に開業予定の格安航空会社(LCC)向けの「第2ターミナル」ビルを報道陣に公開した。建設コストを抑えて利用客が負担する国際線の施設使用料を1280円と現ターミナルの半分とし、訪日客の増加を狙う。

 LCC向けターミナルとして国内で初めて手荷物預け入れを自動で行う機械を設置。一部搭乗ゲートは乗客数に応じ国際線と国内線両方で使えるようにしたほか、最新の保安検査設備も導入するなど利便性を追求した。

 この日は、空港関係者が実際の手荷物預け入れや保安検査の作業を実演した。

 2階建てで延べ床面積は約4万5千平方メートル。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加