【ニューヨーク共同】15日のニューヨーク原油先物相場は、サウジアラビアの石油施設への攻撃により原油供給が滞るとの懸念から急騰し、時間外取引で一時約4カ月ぶりとなる1バレル=63ドル台をつけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加