【ワシントン共同】ロイター通信によると、米政府高官は15日、サウジアラビア東部の国営石油会社サウジアラムコの石油施設への攻撃について、イランの方角から実施されたとの見方を示した。巡航ミサイルが使われた可能性があるとも指摘した。

このエントリーをはてなブックマークに追加