清掃活動をする佐賀西高の生徒たち=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

 佐賀市の佐賀西高(松尾敏実校長)は12日、学校周辺の通学路や佐賀城公園内を全校生徒約830人で清掃した。日頃の学校活動や西高祭に対する地域の理解や協力への感謝を込め、年1回実施している。

 佐賀城本丸歴史館の敷地内では、複数のグループに分かれ、ほうきや鎌、ごみ袋を持って活動。汗を拭いながら袋いっぱいの雑草を刈るなどしていた。県立美術館や博物館前ではコスモスの植え替えも行った。

 2年の溝口駿さんは「先人が残してくれた場所を、引き継いでいくためにも普段からきれいにすることを心掛けたい」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加