死去したジーン・バッキー氏

 【ニューヨーク共同】プロ野球阪神でノーヒットノーランを達成するなど通算100勝を挙げたジーン・バッキー氏が14日、腹部大動脈瘤の手術後の合併症により死去した。米メディアが報じた。82歳。

 米マイナーリーグから1962年に阪神にテスト入団。64年に29勝9敗でリーグ優勝に貢献し、沢村賞にも選ばれた。65年6月には巨人戦でノーヒットノーランを達成。68年9月の巨人戦で王貞治選手への内角球をめぐり乱闘となり、巨人の荒川博コーチとの殴り合いで右手を骨折、以降は白星を挙げられなかった。近鉄に移籍した69年限りで現役引退。通算成績は100勝80敗、防御率2・34。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加