G大阪と1日契約し、引退セレモニーをした播戸竜二選手。古巣・鳥栖のサポーターからもねぎらいを受けた=大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田

 J1のG大阪で活躍し、サガンにも在籍した元日本代表FW播戸竜二(40)が14日、現役引退を表明した。大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で行われたG大阪―鳥栖の試合前にセレモニーが行われ、その後の記者会見で「やめるとなって全然悔いがない」と、すがすがしい表情で話した。この日限定でG大阪と「1日契約」して臨んだ。

 播戸は1998年にG大阪でプロデビュー。札幌、神戸でのプレー後、2006年から09年シーズンまでG大阪に在籍し、13年途中から14年まで鳥栖でプレーした。Jクラブを渡り歩き、昨季限りで琉球を退団していた。J1では通算325試合に出場して87得点。

このエントリーをはてなブックマークに追加