最高裁は7月に異例の弁論を開いており、高裁への差し戻しは予想通り。今回の判断は、漁業者側に軍配を上げた形だ。ただ、判決文を読む限り、差し戻し審で漁業者有利に進むとは限らない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加