佐賀県内の生産組合のリーダーを集めた研修会(県生産組合連合協議会主催)が5日、佐賀市で開かれた。各地区の代表や県組織の幹部ら約40人が集まり、地域活性化に向けた手法などを学んだ。

 「地域活性化に向けた取り組み」のテーマで藤川信久・家の光協会JA教育文化活動専任講師が講演した。藤川氏は、JAの組合員である生産者にとって「食と農を結ぶ活動が大事」と指摘し、JAの支所単位で組合員や住民が一緒になって地域の課題を解決する協働活動の重要性を強調した。小学校で長年取り組んできた食と農の大切さを伝える活動を紹介した。

 「水田農業をめぐる情勢」をテーマに講演した日本農業新聞の山本史郎九州支所長は、本年産のコメは過剰となる恐れがあると述べ、今後のコメ作りは、全国ベースの需給均衡と産地の売れるコメ作りの両立が大切だと論じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加