佐賀県を襲った記録的な豪雨を受けて13日までの3日間、学生ボランティア団体が駆け付けた。全国各地から集まった大学生が、大町町で家財道具を運んだり、災害ごみを撤去したりして活動した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加