男女混合団体戦2回戦 気迫ある攻撃を見せた佐賀ジュニアクラブの坪上魁里君=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館フェンシング場

男女混合団体戦で果敢に攻めた佐賀ジュニアクラブの選手たち=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館フェンシング場

高学年男子の部決勝 相手との間合いを詰める佐賀ジュニアクラブの田代凉君=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館フェンシング場

中野武志会長(左)から表彰状を受け取る鹿児島ジュニアクラブの代表者と参加者ら=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館フェンシング場

 佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館の東側に移転・新設されたフェンシング場の落成を記念した小学生競技大会が8日、開かれた。佐賀ジュニアクラブを含む九州5県から8チーム45人が、新しい会場で技を競った。

 低学年男女混合、高学年女子と男子の部に分かれた個人戦と、6チームが対戦する男女混合団体戦が行われた。県内では佐賀ジュニアクラブ淵要介君(低学年男女混合の部)、西川日湖さん(高学年女子の部)、田代凉君(同男子の部)がそれぞれ準優勝に輝いた。団体では鹿児島ジュニアクラブが優勝した。

 県フェンシング協会の中野武志会長は「競技人口を増やして佐賀から九州や世界の王者が育つ場になれば。そのためにフェンシングの面白さを伝えていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加