有田まちなか案内ジュニア隊として11月にガイドデビューする児童たち=有田町泉山の有田の大イチョウ前

 有田町の子どもたちが、観光客に名所を紹介(しょうかい)する「有田まちなか案内ジュニア隊」の研修(けんしゅう)が8月30日、終了(しゅうりょう)しました。小学5、6年生7人が、国天然記念物の有田の大イチョウなどを学習。11月のガイドデビューに向け、案内文をまとめました。
 研修は4日間あり、ガイドを担当(たんとう)する大イチョウと泉山磁石(いずみやまじせき)場について、学芸員の説明を受けたり、現地(げんち)を見学したりして、観光客に説明する際(さい)に使う案内文をそれぞれ作成しました。
 最終日には、「有田観光まちなかガイド」として活躍(かつやく)する岩崎(いわさき)数馬(かずま)さんがガイドの極意(ごくい)を伝授(でんじゅ)。話し方のこつ、間の取り方、笑顔(えがお)を忘(わす)れないことなどを伝えました。
 きょうだいで参加した林(はやし)空良(そら)さん(曲川(まがりかわ)小6年)は「有田焼が泉山の石で作られたことは初めて知った。町の歴史を学べた」、妹の彩音(あやね)さん(同5年)は「大イチョウはとても大きかった。上手に説明できるよう練習したい」と話していました。
 ジュニア隊は「秋の有田陶磁器(とうじき)まつり」期間中の11月23、24日に案内役を担(にな)います。(6日付17面)

このエントリーをはてなブックマークに追加