1回ヤクルト1死三塁、山田哲が左翼線に先制二塁打を放つ=甲子園

 ヤクルトが大勝した。一回に山田哲の二塁打とバレンティンの2ランで3点を先制し、四回には5点を加えた。八回にも4得点で突き放した。山田大が七回途中2失点で5勝目。阪神は先発の高橋遥が4回8失点と誤算だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加