原発に関する資料を展示した「脱原発パネル展」=佐賀市のアバンセ

 佐賀市天神のアバンセで「脱原発パネル展」が開かれている。「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」が、原発の今と放射能について考えてもらおうと企画した。15日まで。

 福島原発事故の現状や放射能が人体に及ぼす影響、玄海原発に計画されている使用済み核燃料を保管する乾式貯蔵施設などを伝えるパネル約130点を展示している。福島原発から放出された放射能の飛散過程を表した動画データを基に、同じ事故が玄海原発で起きた場合のシミュレーションデータも展示している。

 同会事務局長の永野浩二さん(47)は「『次の世代に問題を押し付けていいのか』という疑問を一緒に考えて、それぞれが声を上げることにつながれば」と来場を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加