ツイッターで他人の投稿を転載するリツイートを巡り名誉を傷つけられたとして橋下徹元大阪府知事が、ジャーナリストの岩上安身氏に慰謝料など110万円を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は12日、名誉毀損を認めて岩上氏に33万円の支払いを命じた。

 判決によると、岩上氏は2017年10月「(橋下氏が知事時代に)府の幹部たちに生意気な口をきき、自殺に追い込んだ」との第三者の投稿をリツイートし、後に削除した。岩上氏側は情報提供の趣旨と主張したが、末永雅之裁判長は「元ツイートに賛同する表現行為」と指摘。投稿内容は「真実と認める証拠はない」と述べた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加