20代女性に睡眠作用がある薬物を飲ませて乱暴したとして、警視庁築地署は12日、準強制性交容疑で、三菱UFJ銀行の元行員千秋凉祐容疑者(28)=東京都中央区=を再逮捕した。築地署によると、自宅のパソコンから女性数十人分の顔写真や身分証の画像データが見つかり、同様の被害に遭った恐れがあるとみて調べる。

 再逮捕容疑は3月5、6日に東京都内の飲食店で20代女性の飲食物に薬物を混ぜて意識をもうろうとした状態にさせ、ホテルに連れ込み乱暴したほか、同月14、15日にも同じ手口で別の20代女性を乱暴した疑い。「何も言いたくない」と容疑を否認している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加