11日午前11時35分ごろ、小城市牛津町のJR長崎線牛津駅構内の踏切で、車が一時立ち往生し、長崎発博多行き特急(6両編成)が緊急停車した。車は特急が停車する前に現場を立ち去り、運転士が現場を確認したところ、遮断桿(かん)が折れていた。乗客約170人にけがはなかった。

 JR九州によると、運転士が障害物検知装置が稼働しているのを確認し、徐行運転をしていたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加