2014年まで行われていた有田町の佐賀セラミックロード車いすマラソン大会

 佐賀県伊万里市は、来年1月13日に開く伊万里ハーフマラソンに車いすの部(3キロ)を新設する。車いすで出場できるロードレース大会の開催は、佐賀県内では6年ぶりになる。

 過去には有田町の佐賀セラミックロード車いすマラソン大会が25回の歴史を重ねたが、2014年に終了した。以来、県内で車いすのロードレースは開かれておらず、伊万里市の競技者らが伊万里での開催を要望していた。

 陸上短距離のパラアスリートで、昨年の大分国際車いすマラソン大会の男子ハーフマラソンで優勝した百武強士さん(33)=同市松浦町=は「地元で競技の魅力に触れてもらう機会ができてうれしい」と話す。

 大会は、伊万里湾を周回するハーフ(約21キロ)のコースと市中心部を巡る3キロのコースで行われる。参加費はハーフが4500円、3キロが2千~千円。車いす部門(定員20人)は2千円。ゲストランナーに元五輪日本代表の谷口浩美さんを迎える。申し込み締め切りは専用の振込用紙が10月31日、インターネットが11月5日。

 問い合わせは市体育保健課、電話0955(23)3187。

このエントリーをはてなブックマークに追加