世界の高校生が地震や津波の脅威を学ぶため、札幌市で開催された高校生サミットは11日、被災の教訓を広く伝承し、若い世代で備えを進めると決意した「イランカラプテ(アイヌ語で「こんにちは」)宣言」を採択し…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加