全国大会に出場するバレーボールの佐賀県選抜チームの選手たち=佐賀市の大和中

 大阪府で12月に開かれる「全国都道府県対抗中学バレーボール大会」に出場する佐賀県選抜チームの発足会が1日、佐賀市の大和中体育館で開かれた。県バレーボール協会が選抜した男女計24人に認定証を交付した。

 大会は12月25~28日、大阪市中央体育館などで開催される。発足式で同協会の山口泰夫副会長(70)が「感謝の気持ちを絶対に忘れず、味方を信じてチームをつくって」と代表選手たちにエールを送った。

 男子チームの武雄中3年の北川大智(だいち)選手は「県代表の自覚を持ち、新しいチームメートとバレーボールを楽しみたい」、女子チームの多久中央中3年の田中怜選手は「勝っても負けてもこのメンバーでよかったと思える試合をしたい。ベスト8を目指したい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加