三井住友銀行は9日、大阪府豊中市が実施する禁煙プロジェクトに資金を提供すると発表した。民間資金を活用して社会的課題を解決する枠組み「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」を導入した取り組みで、喫煙者が減ったなどの成果に応じて豊中市が銀行に事業委託料を支払う。

 豊中市は住民や市内で働く人向けの禁煙事業を、スマートフォンのアプリなどを使った専門プログラムで禁煙を指導する民間事業者に委託。三井住友銀や民間投資家が、プログラム参加開始から1年後の禁煙者数に応じて、民間事業者に必要資金を提供する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加