東与賀文化ホールでリサイタルを開くピアニストの岡田奏さん(c)Kazashito akamura

 ピアニストの岡田奏(かな)さんが21日午後2時から、佐賀市の東与賀文化ホールでリサイタルを開く。15歳でパリに渡った岡田さんが“水”をテーマにフランスの名作曲家の音楽を届ける。

 岡田さんはパリ国立高等学院のピアノ科と室内楽科を最優秀で卒業。ヨーロッパと日本を拠点に活動している。プーランク国際ピアノ・コンクール優勝をはじめ、世界有数の難関コンクールとして知られるエリザベート王妃国際音楽コンクールでファイナリストに輝くなど、大舞台で受賞を重ねている。

 ベルギー国立管弦楽団やシモン・ボリバル交響楽団と共演し、サントンジュ・ピアノ・フェスティバルに参加するなど世界中の音楽祭でも活躍している。

 ドビュッシーの「子供の領分」やサティの「ジムノペティ」など、フランス作曲家の名曲を演奏する。ラヴェルの「水の戯れ」、ドビュッシーの「映像第1集」より「水の反映」など、“水”をテーマにした選曲でも楽しませる。

 チケットは全席自由で1500円、高校生以下は500円。無料託児の申し込みは、公演1週間前まで受け付ける。問い合わせは東与賀文化ホール、電話0952(45)3939。

このエントリーをはてなブックマークに追加