6日午後10時25分ごろ、佐賀市久保泉町川久保の県道で、道路を横断していた同市大和町久池井、佐賀県職員の男性(46)が乗用車にはねられ、頭などを強く打ち、搬送先の病院で約5間後に死亡した。乗用車を運転していた同市内の会社員男性(34)にけがはなかった。

 佐賀北署によると、現場は片側1車線で見通しのいい直線。近くに横断歩道があり、信号は黄点滅中だった。同署で詳しい事故の原因を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加