奈良新聞社(奈良市)は7日、9月から毎月第4土曜日の新聞製作を休み、翌日を休刊にする「自主休刊日」を設けるとの社告を同日付紙面に掲載した。

 社告では「働き方の見直しが急務」としており、休刊日に重要行事が重なる場合は柔軟に対応するという。同社によると、以前もこうした休刊日を設けていた。

 同社は1946年に「大和タイムス」として創刊、75年に「奈良新聞社」と社名を変更した。同社ホームページによると、昨年6月時点で社員数は約80人。

このエントリーをはてなブックマークに追加