桐野高明理事長(左)から受講許可証を受け取る特定行為研修に参加する看護師ら=佐賀市嘉瀬町の佐賀県医療センター好生館

 手順書に従って特定の医療行為を看護師が措置できるようになるための研修が、佐賀市嘉瀬町の佐賀県医療センター好生館で始まった。県内外から選抜された看護師8人が、9カ月間で約300時間に及ぶ講習や実習、演習を通して専門的な行為の技術を習得する。

 看護師の特定行為研修は、地域における医療・介護サービスを一体的に提供するため、厚生労働省が2015年10月に定めた「医療介護総合確保推進法」で規定されている。県内では、鹿島市や伊万里市の民間の総合病院が研修機関に指定され、術後疼痛(とうつう)管理などの特定行為を担う看護師の育成に取り組んでいる。

 好生館では、呼吸器関連と栄養・水分管理に関わる薬剤投与の3区分7行為に限定し、気道確保など医療分野に踏み込んだ特定行為が可能な人材を養成する。受講が認められた看護師は勤務先の病院などに在籍したまま、週ごとに定められている課題をインターネットで受講し、2週間に1回、好生館で指導医のもとで実習や演習に臨む。

 2日の開講式で、好生館の桐野高明理事長は「看護師の特定行為は医師の判断を待たず、手順書に沿って患者に対応する高度な技術が必要になる。看護師としてのアイデンティティーを高めて受講してほしい」と激励した。研修生で、小城市の総合病院に勤務している山田和寿さんは「医師や看護師、他の医療関係者とのチームワークで、患者の容態を見極める技術を習得していきたい」と気を引き締めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加