北海道むかわ町で発掘され、学名を「カムイサウルス・ジャポニクス」と命名された大型恐竜の全身復元骨格の前で記者の質問に答える北海道大総合博物館の小林快次教授(左)ら=4日、東京・上野の国立科学博物館

 北海道むかわ町で見つかったハドロサウルス科恐竜、通称「むかわ竜」の化石について、北海道大総合博物館の小林快次教授らの研究チームは、新種として学名を「カムイサウルス・ジャポニクス」と命名し、6日付の英科学誌電子版に発表した。国内で発見され学名が付いた恐竜は8例目。

 小林教授は「カムイはアイヌ語で『神』。日本の恐竜の神という意味を込めて命名した。今後生態などの研究を進めていく」と話した。

 カムイサウルスは2003年、むかわ町穂別の約7200万年前(白亜紀後期)の海の地層から見つかった。体積比で全身の8割を超える骨格が確認され、全身骨格では国内最大。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加