第一章 気宇壮大(二十九)七「ご無礼仕ります」 開け放たれた表口で怒鳴ると、「誰だ!」という声が返ってきた。「大隈八太郎です」「何、大隈だと--。入れ!」 江藤は佐賀藩の長屋に一人で住んでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加